海外への引越し手続き

海外への引越し手続き

海外への引越し手続き

 

海外への引越しを行う場合、いくつかの手続きを踏まなければなりません。

 

住民票の手続き

 

海外へ引越しするために住民票の手続きを行うには、まず引越しの前日から2週間前までの間に、実印と身分証を用意して市区町村役場で転居届を提出する必要があります。

 

その際に慎重に選択しないといけないのが日本に住民票を残すのか、抜くのかという点について検討する必要があります。

 

本来、法律的には海外に定住する場合は日本の住民票を抜くこととなっています。しかし日本での所得税の支払いや住民税の支払い義務なども関係してきますので、仕事上での海外赴任などの場合は会社側としっかりと話をしておくことが大切です。

 

 

国際免許証取得の手続き

 

また、海外に引越した後でも自動車が必要だという場合には日本国外で自動車の運転をすることのできる国際免許証取得の手続きが必要です。

 

この取得手続きには住民票のある都道府県の公安委員会指定の運転免許試験場で行えますので簡単に取得することができます。さらに、自動車自体も日本から海外へ移したいと考えている方にとってはとても難しい手続きを踏まなければなりません。

 

 

車の海外引越し方法

 

まず、日本国内での廃車手続きを行う必要があり、現地での検査に通ることが前提となります。海外でも国ごとによって登録手続きに違いがありますし、排ガスなどの基準を満たしている必要があります。

 

登録にはかなりの費用を必要となりますし規制が厳しい国が多いのが現状なので、自動車がどうしても必要な場合は現地で調達することが現実的だといえます。引越しには細心の注意と計画性をもって行うようにしましょう。

 

車の海外引越し方法

 

 

相見積もりをすることがもっとも効率のいい引越し業者選びのコツだ!

引越し業者選びのコ

引越し業者の選び方のポイントです。


選ぶ際にコストパフォーマンスと提案プランの2項目を重要視している
まずは自分の引越しのタイプを把握する
そして3つ目のポイントは複数の引越し業者から相見積もりをとること!

普通 企業では商品や何かモノを購入する際に
必ずこの相見積もりをしているのに個人でやるという考えはあまり持っていないのが現状!

今はネットでたくさんの引越し業者さんを一括で見積もりをしてくれる無料のサービスがあります。個人でもできる一括見積もりのサービスを利用して引越し料金を比較するのはとても効率の良い引越し業者選びの方法の一つです。


無料一括見積もりサービスはこちらからご覧になれます。



引越し価格ガイド

引越し価格ガイド



  • 最短1分で簡単入力!
  • 見積もり比較で料金が安くなる
  • 24時間 いつでも利用可能
  • お得な特典が満載!


⇒引越し価格ガイドの詳細はこちら





引越し侍

引越し侍



  • 人気の引越し業者に予約できる
  • 最大10社の見積もりをじっくり比較
  • 全国250社と提携しているので、
  • あなたにピッタリの引越し業者が見つかる

⇒引越し侍の詳細はこちら





引越し達人セレクト

引越し達人セレクト



  • カンタン60秒入力!
  • 引越し料金は相場よりも確実に安くなる!
  • 大手引越し業者を一括比較できる!
  • 無料見積もりは24時間受付中!

⇒引越し達人セレクトはこちら







上記に紹介した3つのサイトは、管理人おすすめサイトです。
どのサイトも利用者も多く使いやすいので、気軽にお試しください。


トップページ 引越しの準備 相見積り交渉術 引越し体験談 リサイクル・不用品買取