引越し料金を安くする交渉術 教えます!

引越し料金を安くするための前提条件としては、相場を知ることが何より重要です。


1社だけと交渉を行う場合、その料金が妥当なのかどうかがわかりません。

 

そのため、本当は妥当なのに無理に下げようとして結局断られてしまったり、妥当ではない金額だったのに説得されて納得してしまったりしてしまいます。

 

そのため、複数の業者に見積もり依頼を出して相場を知るということが前提条件となります。

 

交渉術として大事なことは、これを逃すと他の会社にお客さんを取られてしまうというプレッシャーを暗に与えることです。

 

1社目の業者は今決めてくれたら安くするし、これを逃すと厳しいかもしれないということをあちらから言ってくるため、こちらも不安になって契約してしまいがちです。

 

しかし、それでは意味がないため、何が何でも見積もりだけにとどめることが大切です。

 

そして、2社目以降はもうこれで4社目であると伝え、たくさんの業者に見積もり依頼をだし、そろそろ決めたいという雰囲気を醸し出すことでプレッシャーを与えることができます。

 

他の会社ではいくらぐらいの見積もりになりましたかと問われた際には、最初に提示された金額よりも少し下げた形で伝えることで、引越し料金を下げていくことができるようになります。

 

正直に伝えていると、思ったほど安くはなりません。

 

交渉術として必要なのは、ちょっと値段を下げて伝えることと、それに負い目を感じないということになります。